学資保険の注意点 学資保険に入る場合の注意点に関して紹介していきたいと思っております。まず学資保険に入る場合には今加入している保険も含めて、保険内容が重ならないようにする必要があるかもしれません。そして受け取る満期保険金、祝い金などにも所得税がかかってくることなども念頭において選ばなくてはいけません。 保険内容が重なっているという事は一体どのようなことになるのかっていえば、例えば学資保険に入るより前にすでに他の生命保険に入っていたり共済にはいっている場合には保険内容をチェックしてみて下さい。保険内容を確認してみて、内容がかぶっていればその保険に入る必要はないのですね。内容がかぶってしまったという場合には貯蓄型の保険を選ぶようにするといいですね。 医療保険や死亡保険に一切履いていなければいう場合には親や子供に保障が必要になりますから学資保険に入りながら医療保障もある保障型の学資保険を選択するようにするようにするのです。保証無いようが重複しているのかどうかをみることで余分な保険料の支払いを抑得られます。 そして注意点として所得税が掛かってくると言った話わけですが、満期額資金も祝い金も所得税がかかってしまいますから、確定申告で申告するなり年末調整の時期に申告するという事が大切なのです。一時所得ともなれば最高額が五十万円の特別控除の対象になっている為、一時金を50万円以上もらわない限りは一時所得の対象になることはなかなかないと言われているのですがよく確認しておいて下さいー